レンタルvideoからdvdの時代へ

2006年あたりからレンタルvideo屋が廃業になっているケースも多いですが、この原因のひとつとして、インターネット上でのレンタルDVDの普及が上げられます。

これは日本特有の現象ではなく、最近の国際的な流れとなっているのですが、次世代のビデオ屋さんは、オンライン上のレンタルDVDサービスが主流になっていくのは確実です。

このレンタルDVDというのは、自宅にいながらオンライン上で映画や音楽などのDVDを借りることができるシステムです。
郵便宅配で自宅まで配送されるので、レンタルビデオ屋まで行く手間がはぶけるというメリットがあります。

最近のマルチメディアとしては、video codingの様式も多様化してきており、ブルーレイディスクなどの高画質化が進んでいますが、どちらの様式でも借りることができるサービスが一般的です。

また、映画やドラマの動画をそのまま配信するサービスも一般化してきていますが、パソコン上でそのまま見たり、あるいは専門の端末を設置するなどして閲覧するケースも多いです。

そういった場合でも、動画にはDRMコードが適用され ソフトウェア保護のテクノロジーとして重要な役割を担っています。ウィンドウズメディアプレーヤーなどの無料ソフトでも、比較的簡単に閲覧することができが、OSを再インストールした際には、ダウンロードした動画を閲覧できなくなってしまうケースもあるので注意しましょう。

こういう場合でも、DRMを初期化すると見れるようになることもありますので確認されることをおすすめします。